【ネタバレ前提】ドラマ『高校教師』(1993年版)レビュー「第3話 同性愛」

英語教師・藤村知樹京本政樹)による相沢直子(持田真樹)へのレイプ事件、二宮繭(桜井幸子)が自分の婚約者をエスカレーターから突き飛ばし怪我をさせたことなどがあったことも知らず、

「昨日と同じように穏やかな日差しのなかで一日が始まりを告げ、僕のささやかな希望といえば、明日も昨日と同じように朝を迎えられる。ただ、それだけだった」

と呑気こいてる羽村先生(真田広之)。それでも、元同僚、教授の言動から「果たして本当に春から大学の研究室に戻れるのか?」という疑念が徐々に湧きつつあった。

 

一方、藤村先生からあの日の一部始終をビデオに録っていたことを知らされた直子。逃げ場所を求めるように辿り着いた体育館。

「ず、ずるずる。ぴちゃぴちゃ。ずーー。ごく」

音のするほうを見上げると、ひとり昼メシのラ王を食べている新庄先生(赤井英和)。

直子に気づいた新庄先生は声をかける。

「食べるか? ひとつ」

f:id:bonnieidol:20170207194949p:plain

 

「たまに食べるの美味しいねん、俺はしょっちゅうだけどな」

自分の使っていた箸をペキっと折り、ラ王とともに直子に差し出す新庄先生。

そのラ王より温かい新庄先生のやさしさに泣き崩れる直子。

この回屈指の名シーンだ。

 

女子バスケ部の顧問として、日曜日に関わらず練習試合の対戦校の前で部員の到着を待ち続ける羽村先生。そこに現れたのは私服の繭ひとり。

 

f:id:bonnieidol:20170207195922p:plain

「ダメだよ、私服で来ちゃ」

「日曜だから」

「日曜ったって、練習試合...またかよ?」

「みたいね」

 

しぶしぶふたりはカフェに入ることに。

f:id:bonnieidol:20170207200459p:plain

f:id:bonnieidol:20170207200551p:plain

f:id:bonnieidol:20170207200640p:plain

繭の変顔3連発。

 

この後、羽村先生は婚約者の浮気現場の目撃を経て、冒頭の「明日も昨日と同じように朝を迎える」というささやかな希望に陰りが生じていることを自覚する。

しかし、繭の告白ーー婚約者を突き飛ばしたこととその理由、を聞いても頑に現実から目をそらす羽村先生。

「やめろ! それ以上言うな。言わないでくれ。俺は何も聞かない。何も見なかったんだ」

 

繭のエキセントリックな言動や、変顔、そして「やっと笑った」と言いながら羽村先生の口元を拭いてあげる姿は、その後木っ端みじんに希望を打ち砕かれる羽村先生に寄り添う母親のようだ。

【雑誌・Webメディア関係各位】公開企画書「路線バスアナウンス広告の旅」

私、ボニー・アイドルは雑誌、Webメディア向けに
「路線バスアナウンス広告の旅」
という企画を提案させていただきます。
 

f:id:bonnieidol:20140705133100j:plain

 
当企画は、一本の路線バスに流れるアナウンス広告を採取し、秀逸なアナウンス広告とそれを出稿しているお店を訪ねるというものです
 
 
元々この企画は4年ほど前に「ヒビレポ」というwebメディアで連載していたもので、連載では地元(秋田県横手市)のバス路線を含めて8本の路線を取り上げました。

 

○今朝はボニー・バック 第40回「ローカル路線バス アナウンス広告巡りの旅①」(関東バス・西03系統「上石神井駅大泉学園南口行き」)

http://www.repo-zine.com/archives/12337

○今朝はボニー・バック 第42回「ローカル路線バス アナウンス広告巡りの旅②」(関東バス・西01/02系統「上石神井西荻窪駅北口行き」)

http://www.repo-zine.com/archives/12444

○今朝はボニー・バック 第43回「ローカル路線バス アナウンス広告巡りの旅③」(関東バス・中36系統「吉祥寺駅中野駅行き」前半)

http://www.repo-zine.com/archives/12489

○今朝はボニー・バック 第44回「ローカル路線バス アナウンス広告巡りの旅④」(関東バス・中36系統「吉祥寺駅中野駅行き」後半)

http://www.repo-zine.com/archives/12528

○今朝はボニー・バック 第45回「ローカル路線バス アナウンス広告巡りの旅⑤」(京王バス・鷹64系統「久我山駅三鷹駅南口行き」)

http://www.repo-zine.com/archives/12561

○今朝はボニー・バック 第46回「ローカル路線バス アナウンス広告巡りの旅⑥」(関東バス・荻07系統「練馬駅荻窪駅行き」前半)

http://www.repo-zine.com/archives/12606

○今朝はボニー・バック 第47回「ローカル路線バス アナウンス広告巡りの旅⑦」(関東バス・荻07系統「練馬駅荻窪駅行き」後半)

http://www.repo-zine.com/archives/12650

○今朝はボニー・バック 第48回「ローカル路線バス アナウンス広告巡りの旅⑧」(関東バス・吉53系統「吉祥寺駅発柳沢駅行き」

http://www.repo-zine.com/archives/12709

○今朝はボニー・バック 第49回「ローカル路線バス アナウンス広告巡りの旅⑨」(資料編)

http://www.repo-zine.com/archives/12780

○今朝はボニー・バック 第50回「ローカル路線バス アナウンス広告巡りの旅⑩」(羽後交通・横手バスターミナル発横手病院、横手高校経由上台行き」)

http://www.repo-zine.com/archives/12792

 

 

連載後も路線バスのアナウンス広告の音源を採取し続け、サウンドクラウドに上げたり、

 

soundcloud.com

 

実際に広告を出稿しているお店を訪ねたりし、現在では20本近い路線の音源を採集しております。

 
 
「ヒビレポ」の連載では広告出稿主に接触をとる、というところまでいけませんでしたが、新たな媒体では
・路線バスに流れる広告コピーの紹介
・その地域性
・広告主とのふれあい(商品、サービスの紹介)
までを取り上げられればと考えております。
 
【企画概要】
路線バスには、始点から終点まで車内にさまざまなアナウンス広告が流れます。
「次は、終点、大泉学園駅南口、大泉学園南口です。オシャレなあの人は大泉学園で下りるらしい。ブティックみゆき前でございます」関東バス西03系統・上石神井駅大泉学園駅南口行き)

f:id:bonnieidol:20140621180818j:plain

 
 
「次は、善福寺一丁目、善福寺一丁目。健康の近道はこちらです。ひばり接骨院前」関東バス西02系統・上石神井駅西荻窪駅北口行き)

f:id:bonnieidol:20140705150616j:plain

 
 
「次は、阿佐ヶ谷北六丁目。くるみパンが話題のロードベーカリー前です。朝6時からほかほかの焼きたてパンを取りそろえております」関東バス荻07系統・練馬駅荻窪駅行き)

f:id:bonnieidol:20140804071455j:plain

 
以上のようなユニークなもの、興味をそそられるものもあり、「どんな店かな?」と思わず訪れてみようかなと思うこともしばしばです。
 
通勤・通学で路線バスを利用している人でも、アナウンス広告の出稿主がどんなお店、どんな営業をしているか知らないといったケースがほとんどです。
そこで、都内を走る路線バスを一本選び、車内に流れるアナウンス広告の中から気になったものを数件チョイスし、お店のサービスやお店の歴史、その街を形作っている商店やサービスを紹介するというものです。


類似企画としては、テレビ東京「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」、日本テレビぶらり途中下車の旅」、NHKの「たんけんぼくのまち」などのニュアンスが入っておりますが、知人のバス好きのかたから

「これは『バスマガジン』や『BUSLife』など専門誌でも特集されたことはないと思われるジャンル。強いて言えばフジテレビ『リアルスコープ』の路線バス回くらいでしょうか」

というお言葉をいただき、独自性も兼ねていると自負しております。

 

誌面の製作は、アナウンス広告採取、下見を住ませたのち、後日、取材するお店のアポ入れをし、取材・撮影、原稿執筆、入稿の流れになるかと思います。 

 

原稿料や取材費他経費などはご連絡、打ち合わせ時に対応させていただきます。まずはご気軽にご連絡、ご相談いただけたらと思います。

また、当記事は掲載媒体が決定次第、削除させていただく場合があります。
 
以上、当企画掲載のご検討よろしくお願い申し上げます。
 
2017.1.02
ボニー・アイドル
bonnieidol1982@gmail.com

「センター生駒里奈論とイコマジョが見せた夢」(『アイドルと文学 vol.1』掲載)

11月23日(水)、第24回文学フリマ東京@東京流通センターで販売された小冊子『アイドルと文学 vol.1』に「センター生駒里奈論とイコマジョが見せた夢」という文章を寄稿しました。

編集部の許可を得たので、転載します。

 

 

f:id:bonnieidol:20161205032051j:plain 

f:id:bonnieidol:20161205025552j:plain

f:id:bonnieidol:20161205025905j:plain

f:id:bonnieidol:20161205025608j:plain

 

『アイドルと文学 vol.1』

f:id:bonnieidol:20161205032148j:plain

f:id:bonnieidol:20161205032151j:plain

idol-bungaku.hatenablog.com

 

【ネタバレ前提】ドラマ『高校教師』(1993年版)レビュー「第2話 嘆きの天使」

 

f:id:bonnieidol:20161019232234p:plain

羽村先生の婚約者の浮気現場を目撃したあと、土砂降りのなか羽村先生の自宅前でいっぱい待ってた繭。

 

f:id:bonnieidol:20161019235133p:plain

一転、次の日、羽村先生から受け取ったパン代のなかから自分の生まれた年と同じ「昭和50年」製の10円玉を見つけ、この表情。

 

 

「次第に彼女に振り回されている自分を感じていた。

ただ、...そう。まだこの頃はため息をつけばそれで消えるその程度のことだったけれど」

 

冒頭のナレーションからも分かるように、第2話の主役は繭に振り回される羽村先生だ。

 

その色が赤か青か黒かはまだ分からないけど、二宮繭という少女のパーソナルカラーが過剰なほどビビッドなことだけは間違いない。

そして、洗濯物が色映りするかのように、彼女の回りにいるものーーバスケ部のキャプテン、繭の父、羽村先生の婚約者、藤村先生、たちも奇妙に欲望を色めきだたせ羽村先生に向かってゆく。

 

f:id:bonnieidol:20161019233245p:plain

バスケ部の顧問になった羽村先生。彼を追って繭も入部し、ふたりの関係に嫉妬したバスケ部のキャプテンが腕立て100回という試練を与える。

JAC出身の真田広之なら指立てふせ100万回だって容易いはずだが、ドラマでは63回でギブアップ。

 

f:id:bonnieidol:20161019233704p:plain

浮気現場を目撃された繭との直接対決の場を設ける羽村先生の婚約者。

「隆夫さんってね、悪いひとじゃもちろんないんだけど、正直言ってとっても退屈なの。ペンギンがどうだとか、原始のスープがなんだとか、そんな話聞いていて楽しいと思う? セックスもとっても幼稚なの」

まったく頭の痛い話だが、ぼくらの無念を晴らすかのように繭は婚約者をエスカレーターから突き落とすのだった...。

愛するひとの思いを汚され、踏みにじられたことがよっぽど悔しかったのだろう。でも、突き落とすことはないのではないかとも思った。

漫画『ザ・ワールド・イズ・マイン』のモンちゃんのように、彼女は明らかにひとが備えている道徳や倫理感というものが欠如しているのではないだろうか。

 

 

羽村先生が腕立てふせをやらされ、繭が婚約者に怪我を負わせたその日の夜、繭は羽村先生に電話する。

テレカが切れ、最後のーーあの10円玉だ!、を投入して繭がリクエストしたのは、婚約者が「退屈」と否定したペンギンの話...。

伏線の張り方、回収の仕方がなんとも見事だ。

f:id:bonnieidol:20161020001632p:plain

f:id:bonnieidol:20161020001455p:plain

 

 

ビートたけしが初めてひとり暮らししたとき、「どうせあのこは家賃なんて払えなくなるに決まってるんですから」と母親がたけしに黙って大家さんに家賃を払っていたのと同様、やはり繭の羽村先生に向ける愛情は母性のそれだ。

 

あの時の僕には、失う物がたくさんあるような気がし、受話器越しの彼女の声が震えていたことに、まだ気づいてはやれなかった」

エンディングのナレーション通り、どんなに回りにもみくちゃにされても、羽村先生の希望だけは処女のパンティーのように淡く、おもしろみがなく、清潔だ。

しかし、それも繭との交わりが色濃くなるにつれて、儚くほつれ破れていくことになるのだが...。

【ネタバレ前提】ドラマ『高校教師』(1993年版)レビュー「第1話 禁断の愛と知らずに」

「心配いらないよ。私が全部守ってあげるよ。守ってあげる!」

f:id:bonnieidol:20161019050134p:plain

 

登校ラッシュの校庭で、生徒から愛の告白らしき宣言を受ける新任教師・羽村隆夫(真田広之)。

おそらく、出会いから30分も経っていないだろう。

期限切れの定期を駅係員に問いつめられていたところを助け、その理由(更新し忘れていた)を信じただけだ。

戸惑うし、面食らって当然だ。

『高校教師』第1話は、そんなヒロインのエキセントリックな面が全開に現れている回だ。

 

同僚の宮原教師から仕事場となる生物室に案内されている羽村先生。

「生徒との関係にはくれぐれも気をつけるように」と釘を刺されていると、教卓の中に靴を脱がし、靴下を脱がし、ズボンのファスナーを下ろし、即尺...ではなく、足の甲にネコの落描きをする者がおるではないか。

f:id:bonnieidol:20161019050416p:plain

 

朝のあの生徒だ!

宮原先生をやり過ごし冷や汗をかいている横で、笑顔で自己紹介をする少女。

「2年B組、二宮繭。出席番号22。O型。カニ座!」

 

 

同日の放課後。

教室で、藤村智樹先生(京本政樹)に贈る編み物をしている相沢直子(持田真樹)と、先ほどのネコを自分の足の甲にも描いている繭。

そこへ上級生3人組が乱入。標的は繭のようだ。

上級生たちは朝の羽村とのやり取りにいちゃもんをつけ、あまつさえ繭の足のネコの絵を見るや「何コレ? バカじゃない、こいつ」と足をぐりぐり。

繭は直子が使っていた裁縫ハサミを取り、女囚さそりのような目をしながら上級生の足を上履きごと斬りつける。

f:id:bonnieidol:20161019050554p:plain

 

 

(たぶん)次の日の放課後。

帰る羽村先生を待ち伏せ、自宅までストーキングする繭。

コンビニで買い物をしている羽村先生のカゴのなかにこっそりブルボン「エリーゼ」を入れるところまではよかったが、転倒したところで気づかれてしまい、尾行は失敗。

このときの、心配しながら小走りで向かってくる羽村先生を見上げる桜井幸子の表情が最高! 

f:id:bonnieidol:20161019050705p:plain

 

 

紹介した繭のエピソードはぼくらにはエキセントリックに映るけど、普通ではない愛情を注がれて育てられた彼女にしてみれば当たり前の愛の表現なのだろう。

平凡な生活という殻に閉じ困ろうとする主人公と、そんな彼に運命のブレイクスルーを見たヒロイン。

『高校教師』第1話は対照的な願望を抱くふたりの交差点だ。

 

年越しにみる映画②文部省選定『一杯のかけそば』

一杯のかけそばを注文する母子三人。同情したのか、余らせてもしょうがないと思ったのか、丼に一玉半のそばを入れてやる店主(渡瀬恒彦)。

一杯のかけそばを気を使いあいながら食べる三人。

そこへそば屋が飼っている犬が物欲しそうにやってくる。

女将(市毛良枝)に許可を取り、犬にそばを分け与える次男。

「せっかくつくってやったそばを犬に食わせるんじゃねえ!」

と思ったし、

「犬を店の中に入れるんじゃねえ!」

とも思った。

そんな視聴者をよそに、「アンタ、タロウ(犬の名前)がそばを食べたよ」となぜか感動している店主と女将。

 

3年目の大晦日、店側がすっかり常連となった親子のために以前と変わらぬ値段を書いたお品書きを用意しているのにもたまげた。

つまり、この『一杯のかけそば』はそういう物語だ。

どっかのラーメン屋の「ヤサイマシマシニンニク」のような食っても食っても麺に到達しない善意のトッピング。

そばの持つ粋さがまるでない。

大晦日くらいは誰の善意にすがらず、財布の中身を気にせず、天ぷらそばを思いっきりすすりたい。

そのためにも一年間頑張ってはたらこう。そう思わせてくれる作品だ。

 

それにしても、店主は次男坊に交通事故で亡くした息子の面影を見たのか、息子が使っていた野球のグローブをプレゼントするのだが、この次男坊、左利きなのである。

「でもいいよ。僕いま、スイッチヒッターの練習をしてるんだ」

つくづくぶん殴りたくなるガキである。

 

f:id:bonnieidol:20161007083535j:plain

一杯のかけそば』(1992年)

監督:西河克己、脚本:永井愛、原作:栗良平/99分

出演:渡瀬恒彦/泉ピン子市毛良枝鶴見辰吾柳沢慎吾奥村公延四方堂亘レオナルド熊池波志乃/金沢碧/可愛かずみ国生さゆり玉置宏

 

〜あらすじ〜

昭和47年頃の大晦日の夜、札幌・時計台横丁に暖簾を出すそば屋「北海亭」。閉店間際、「かけそば一杯なのですが...」と小さな男の二人を連れた母親の親子が来店する。その親子は翌年、翌々年の大晦日にも姿を現し、一杯のかけそばを注文する。売れてない頃のさまぁ〜ず三村、レオナルド熊可愛かずみ、という今では貴重な面々が出演している。

年越しにみる映画①萩原健一主演『渋滞』

事故後の原発のように四六時中ぷすぷすと毛穴から不満を発散させている男、ショーケン

年の瀬、久しぶりの家族そろっての帰省であっても当然、その道中の陽気なこと! とはならない。

渋滞にハマって身動きとれない車内。その運転席にはショーケン。想像しただけで胃潰瘍になりそうなシチュエーションだ。

ぼくが息子なら家で爆笑ヒットパレードを見る正月を選ぶ。

なんせ、まだ川崎の時点で

「まるで俺が交通費ケチって車にしたような言い方だからさ」「この渋滞は俺のせいかよ!」

とキレかかっているのである。

時折見せる「ちきしょぅ」の発音がエグい。

 

旅館がとれずに車中泊、ナビに不慣れな妻に八つ当たりしているところをあわやトラックと正面衝突、ネズミとり、雪の中を居眠り運転しあわやの大惨事、息子の急病...。

と、まるでショーケンに油を注ぐように数々のトラップが待ち構えている帰省の旅。

 

そんななか、ショーケンに振り回されながらもしっかりと自分の意思を貫き、家族団らんを保とうとする奥さん役の黒木瞳がイイ。

子供が二人もいる奥さん役ながら、イイとこの女子大生のようなファッションもかわいいし、ケンカのあと、ショーケンと旅館の階段で秘め始めしているときにロングスカートから突き出た生足は『失楽園』なんかよりもずっとエロい。

黒木瞳という女優を見直した一本となった。

 

 

テレビに映し出された帰省ラッシュUターンラッシュの様子を「あや〜、ご苦労様だこと」と言いながら楽しむのは故郷である田舎に住むひとの特権である。

この映画のショーケンを見たあとだと誰しもその特権を味わうことができるが、それ以上に「今年の正月は田舎に帰ろうかな」と思わせてくれる、そんな作品である。

 

 

f:id:bonnieidol:20161006221347j:plain

『渋滞』(1991年)

監督:黒土三男、脚本:佐藤峰世・黒土三男/108分

出演:萩原健一黒木瞳/宝田絢子/湯澤真吾/岡田英次/東恵美子清水美砂緒形幹太中村嘉葎雄犬塚弘/浜村純/小林亜星/かたせ梨乃

 

〜あらすじ〜

家電量販店に勤める林蔵(萩原健一)は正月休みに家族4人で5年ぶりの帰省を計画。旅費を浮かせるため、自宅のある千葉県浦安から故郷の瀬戸内海に浮かぶ真鍋島までマイカーでの移動を選ぶ。12月30日の早朝に出発したらその日の夜には到着すると思っていたが、高速の入口からすでに帰省ラッシュにハマり...。