読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画など

【ネタバレ前提】ドラマ『高校教師』(1993年版)レビュー「第2話 嘆きの天使」

羽村先生の婚約者の浮気現場を目撃したあと、土砂降りのなか羽村先生の自宅前でいっぱい待ってた繭。 一転、次の日、羽村先生から受け取ったパン代のなかから自分の生まれた年と同じ「昭和50年」製の10円玉を見つけ、この表情。 「次第に彼女に振り回されて…

【ネタバレ前提】ドラマ『高校教師』(1993年版)レビュー「第1話 禁断の愛と知らずに」

「心配いらないよ。私が全部守ってあげるよ。守ってあげる!」 登校ラッシュの校庭で、生徒から愛の告白らしき宣言を受ける新任教師・羽村隆夫(真田広之)。 おそらく、出会いから30分も経っていないだろう。 期限切れの定期を駅係員に問いつめられていたと…

年越しにみる映画②文部省選定『一杯のかけそば』

一杯のかけそばを注文する母子三人。同情したのか、余らせてもしょうがないと思ったのか、丼に一玉半のそばを入れてやる店主(渡瀬恒彦)。 一杯のかけそばを気を使いあいながら食べる三人。 そこへそば屋が飼っている犬が物欲しそうにやってくる。 女将(市…

年越しにみる映画①萩原健一主演『渋滞』

事故後の原発のように四六時中ぷすぷすと毛穴から不満を発散させている男、ショーケン。 年の瀬、久しぶりの家族そろっての帰省であっても当然、その道中の陽気なこと! とはならない。 渋滞にハマって身動きとれない車内。その運転席にはショーケン。想像し…

渡瀬恒彦〜日本映画界最強の鍋奉行〜

秋分の日を過ぎ、スーパーにも鍋コーナーがぼちぼち立ち始めてきた今日この頃、日本映画界が誇る鍋奉行、渡瀬恒彦の魅力について紹介したい。 渡瀬恒彦といえば役者としての魅力は言わずもがなだが、荒くれ者や腕っ節自慢の役者だらけだった1970年代東映にあ…

細田守監督作『サマーウォーズ』の栄ばあちゃんは鎌倉の男だった!!

○ 1976年映画版「不毛地帯」に登場した鎌倉の男 ○ 1974年映画版「華麗なる一族」に登場した鎌倉の男 『サマーウォーズ』の栄ばあちゃんが関係各所に電話をするシーン 説明はあとで書く。

仁義なき戦い×幸福の黄色いハンカチ! 小説「幸福(しあわせ)の黒いランチジャー」(前編)

広島西刑務所。 大晦日前日の昼食後、雑居房202号室では、4人の受刑者たちが車座になって雑談に花を咲かせていた。 「いやぁ、食った食った。ムショのメシは不味いと聞いていたが、案外食えるもんじゃのぉ」 三日前に服役したばかりの江田省一(懲役5年)が…

唯一無二の声、三井弘次。

最近、魅力的な声の役者が少なくなった。昨年、大手ニュースサイトが「いい声の俳優ランキング」を発表したのだが、1位・大和田伸也、2位・玉木宏、3位・竹中直人という結果だった。たしかにこのお三方、いい声だと思う。渋くて低くて、女性なら声だけで…

【読書感想】天才・勝新太郎の表現力に脱帽!

原稿執筆の資料として図書館から借りてきた『偶然完全 勝新太郎伝』(田崎健太著、講談社刊)を読んでたら、勝新の天才性が垣間見える一節を見つけた。 それは、『週刊ポスト』編集部に在籍し、同誌が連載していた勝新の人生相談コーナーの担当編集者だった…

1/15発行「耳より通信」(爽風舎)掲載の映画コラム公開!

先月から、株式会社爽風舎発行している会報誌「耳より通信」に映画コラム「実録! 交代劇」を不定期連載させてもらっています。 通販 健康食品 金花堂 本来、会報誌は会員さんの特典のひとつであり、不特定多数に向けて公開するべきではないかも知れませんが…