読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰だ!恋人を相方と呼ぶのは②〜マジックミラー号一杯の相方カップルを〜

まずは、「相方」という響きにもっとも似た言葉を思いついたので紹介したい。

「ビジネスパートナー」である。

日本語に訳すとただの出入り業者なんだけど、「ビジネスパートナー募集」と言われると、ついこちらも「クライアントと対等な立場でプロジェクトを任せてもらえるに違いない」とデレッとなって、まんまと1文字0.2円ぐらいで原稿書かされるハメになる。

 後半はライター業界あるあるになってしまったけど、「相方」と「ビジネスパートナー」が放っているニュアンスは限りなく近いと思う。つまり、「ただの下請けではありません」「ただの恋人ではありません」という意味合い。

「相方」という一見乾いた響きは、恋人という関係から一段上がった状態であると言いたいのだろう。

知らねーよ!!

ワケわかんねえ呼称使って他人に自分たちのの関係性を押し付けるな!「セックス・アンド・ザ・シティ」やりたきゃアメリカ行け。

大体誰だ、こんな言葉流行らせたのは。

やはり、芸人以外で「相方」という呼称を使い始めたのは、前回のブログで爆笑問題・田中も指摘していたようにKinki Kids堂本剛、なのか?

 

「うちの相方は天然やから、全部笑いをさらっていってかなわんわ」

1996年10月に始まった歌番組「LOVE LOVEあいしてる」で、堂本剛はことあるごとに聞いてる全員が正直しんどい、つーか辟易する“フリートーク”をかましていた。

「相方」という呼称も、アイドルでありながらフリートークという話芸にこだわったのも、当然、ダウンタウン松本人志)に影響されてのことだったのだろう。

剛堂本の「人志松本化計画」は、ソロでの冠バラエティ番組や大喜利ライブと着実に進展を見せているが、ここでは彼の活動内容は特に関係ないので割愛する(ま、近い将来、映画でも撮るんじゃないスか)。

ただ、男性アイドルから「相方」フォロワーがその後現れなかったところをみると、やはり業界受けは良くなかったようだ。

 

しばらく枕を高くして寝てたら、昨年6月、こんな芸能ニュースが飛び込んで来た。

辻希美「相方はあいぼんしかいない」コンビ復活に意欲(オリコン

www.oricon.co.jp

記事によると、半年ぶりに加護ちゃんと再会した辻ちゃんは「自分の相方はあいぼん(加護)しかいないって痛感」し、某商品の発売開始記念イベントで加護ちゃんに「いつになるかわからないけどいつか一緒に活動したい」とラブコールを送ったらしい。

辻ちゃん、キミもか...。旦那である杉浦太陽の呼称じゃなかっただけまだ根っこは浅いが、女性アイドル業界にも「相方」の種が撒かれてしまったのも事実である。

では、ここで一曲。

 

「相方だ」(作詞:ボニー・アイドル)

(なにが)相方だ 相方だ

相方だ Penis!

(なにが)相方だ 相方だ

相方だ Penis!

君に...

 

ブログにフェイスブック

書きながら考える

みんなと同じ彼氏や恋人じゃ

言い表せない

 

やっと見つけた 本当の呼び方

スカしてゆくんだ

たったひとつこの道を

走れ!

 

彼氏なら 彼氏と言おう

誤魔化さず 素直になろう

カミさんなら カミさんと言おう

胸の内 さらけ出すよ

 

(なにが)相方だ 相方だ

相方だ Penis!

(なにが)相方だ 相方だ

相方だ Penis!

君に...

 

なお、メロディはこちらの動画を参考にしてください。

www.youtube.com

(続く)