読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「乃木坂46ドンジャラ」を作ろう!〜④試し打ち編〜

オリジナル「乃木坂46ドンジャラ」は、「AKB48ドンジャラ」のルールに準じたものにする予定。なので、まずはAKBドンジャラと同じく、ゲームで使用する12種類の牌を決めなければならない。

AKBドンジャラを構成している牌は以下のとおり。

【チームA】高橋みなみ小嶋陽菜篠田麻里子前田敦子

チームK板野友美大島優子宮澤佐江

【チームB】柏木由紀河西智美渡辺麻友

チームS松井珠理奈松井玲奈

そう、4チームに分かれているからといって、平等に1チーム3名というわけではないのである。

これをそのまま乃木坂ドンジャラに当てはめた場合、

ピンクグループ→4名

水色グループ→3名

イエローグループ→3名

グリーングループ→2名

の計12種類ということになる。各グループの牌の種類「11・10・10・7」を考えても妥当な割合だろう。つーか、テキトーに決めたグループ割りと人数だったけど、かなり練り込まれたゲームに思えてきた。

 

ということで、各グループから「4・3・3・2」の人数割に従って使う牌を選ぶことに。この作業だけでももんげー楽しい! だって、自分だけの選抜チームがつくれるんだもの!

「推しメンの生駒ちゃんは外せないよな、やっぱ。桜井はキャプテンとしてはポンコツだけどダンス上手いし。イエローグループからひめたん選びたいけどなあ...」

タニタしながら悩みに悩んで選んだメンバーは以下の12名。

f:id:bonnieidol:20150405041333j:plain

 

【ピンク】深川麻衣白石麻衣橋本奈々未秋元真夏

【水色】桜井玲香西野七瀬生駒里奈

【イエロー】生田絵梨花堀未央奈星野みなみ

【グリーン】齋藤飛鳥寺田蘭世

ぼくの考える世代別最強メンバーである。「最強」という定義を説明しろ、と言われると返答に困るところもあるが、まあ選抜でのフロント回数とか握手会での人気とかソロでの活躍とか、そんなトコです。2期生のらんぜは11thシングル収録の「ボーダー」でセンターに抜擢されたので、抜擢しました。

この面子なら、生田・生駒・星野の「生生星」もできるし、白石・橋本・飛鳥の「雑誌モデル組」もできる。それに歴代センターが6名もいるので、「歴代センター」で役を作るのも難しくない。

 

以上、12種類×4の計48枚のメンバー牌にAKBドンジャラの「オールマイティ牌」9枚を(足りなかったイエローのオールマイティ牌は即席で作った)加えて、卓の上で混ぜる。

む。牌のすべりが悪い。貼り付けたシールの端が卓の表面の布に引っかかるのだ。慣れないうちはかなり違和感があると思うが、牌のすべりなんて気になるのは最初の「山」をつくるときぐらい。気にしないことにする。

ドンジャラは麻雀と同じく4人で卓を囲むのが基本だけど、今回の試し打ちは牌の数も少ないし、面子はぼくだけなので、ツモの回数を増やすため2人打ちの変則ルールで行う。つまり、ぼくがもうひとりのぼくとドンジャラするという形だ。目印に片方のボニー側にシロクマのスタンドを座らせておく。

f:id:bonnieidol:20150405054417j:plain

 死にたくならないように乃木坂46の1stアルバム『透明な色』をがんがんにかける。つくった山から親のボニーAに9個、子のボニーB(クマ側)に8個配牌していく。

◎ボニーAの配牌

f:id:bonnieidol:20150405054640j:plain

こりゃひどい手だ。対子(同じ種類の牌が2個)すら1つもない。一応こちらが親の設定なので、この中から1個切らなければいけない。同じグループのメンバーが2人しかいなくて上がり役の少ないグリーンのらんぜを切る。

◎ボニーBの配牌

f:id:bonnieidol:20150405054735j:plain

Aに比べたらいくらかマシか。いくちゃんの対子があるし、オールマイティも2個ある。と思いながら引っ張ってきた、いや「釣って」きた第1ツモ(右端)は、なんと真夏さん! 

f:id:bonnieidol:20150405060229j:plain

真夏さんのおかげで上がりがグンと近づいた。ピンク・水色・イエロー(またはグリーン)の「三色」狙いでななみんを切る。

 

クマ公を蹴散らしながら卓の両側を行ったり来たりすること十数回。どちらもリーチまでもう一歩の「一向聴」から進まない。親のボニーAが8巡目のツモで引いてきたのは、水色のオールマイティ。

これで手はこんな形でテンパイに。

f:id:bonnieidol:20150405061458j:plain

問題は同じイエローグループのいくちゃんとみなみのどちらを切るかだ。対家の捨牌にはどちらもない。つまり、確率的には同じ。悩んだ末に切ったのは、いくちゃん。そして、リーチ!

頼むぞ、みなみ。君は出来るコだ。「乃木どこ」で成功させたフラッシュ暗算を思い出せ。

 

その直後のボニーBの第9ツモ。なんとここで、2枚目のらんぜが来た!

f:id:bonnieidol:20150405061556j:plain

つまり、グリーンのオールマイティと合わせてらんぜで1セット完成。そして、どの色の牌にも使えるブラックのオールマイティをすでに対子になっていた真夏さんかいくちゃんに使って、三色の両面待ちに! さすが、らんぜの勢い止まらんぜ。で、当然、堀ちゃんを切ってリーチ!

リーチ合戦になったこの勝負を決めたのは、ボニーAが12巡目にツモってきた星野みなみ

f:id:bonnieidol:20150405061832j:plain

白石・生駒・みなみの三色で、ドンジャラ〜!!

で勝負あり。人間の面子にかけてクマ公に勝ててホッとした。

 

あ、試し打ちの感想ですが、すでにおわかりのことと思いますが、めちゃくちゃおもしろい! です。

(続く)

 

【告知】現在、このオリジナル「乃木坂46ドンジャラ」を使ったイベントを企画しており、一緒にドンジャラをしてくれる、ゲームのルールを固めてくれるプレイヤーの方ならびにイベントで場を提供してくれる店主さんを募集しています。

プレイヤー募集のほうはドンジャラや麻雀を知らなくても、乃木坂ファンであれば楽しめると思います。性別、年齢は問いません。イベントだけでなくプライベートでも一緒に楽しめればいいなと考えております。

興味のある方はTwitterのアカウント@bonnieidolへのリプライ、またはbonnieidol1982@gmail.comまでご連絡ください。たくさんの応募お待ちしております。

ボニー・アイドル