読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『こち亀』作者・秋本治先生はランチジャー愛好家だった!

7年前の2009年2月22日に放送されたTBS『情熱大陸』で密着取材を受けていた漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の作者・秋本治先生。

www.youtube.com

 

33年間(放送当時)、一度も原稿を落とすことなく『こち亀』を連載し続けている先生の創作の源を、執筆や取材現場、家族とのプライベートの場も公開しながら追っている。

 

漫画の執筆現場というと、不眠不休で〆切と戦っているというイメージだが、秋本先生は自身のモットーからアシスタントにはタイムカード制を導入し、徹夜はさせず、自身も含めて食事休憩も日に二度しっかり取らせるという製作環境を与えている。

最初の食事休憩は正午で、アシスタントは気分転換も兼ねて外食する者がほとんどなのだが、秋本先生は毎日ひとりアトリエに残って愛妻弁当を食べているという。

 

以上のようなことを取材スタッフに説明しながら作業机の上にポンと愛妻弁当を置く先生。

なんとそれはランチジャー!

f:id:bonnieidol:20160120071745p:plain

f:id:bonnieidol:20160120071912p:plain

 

先生が使用しているランチジャーが、ぼくが愛している「タワー型」ではなく「ボックス型」だったのは少し残念だったが、ランチジャーユーザーであることには変わりはない。

なにより、蓋を開けたときのボリューム感と祭感はこれぞ男の弁当、ランチジャー。

f:id:bonnieidol:20160120072827p:plain

 

3つ並んでいるおかず容器のうち、左上は野菜の煮物入れだろう。その右隣には玉子焼き、ウインナーが入っていることがわかる。左のおかず容器の中身は角度からイマイチ判別しかねるが、なんとなくナスの揚げ浸しような気がする。

これだけでも白飯の友としては十分な気もするが、弁当の作り手である先生の奥様はさらに白飯の上に赤紫蘇のようなゆかりのようなをふりかける用意周到ぶり。

 

このドキュメンタリー番組を見るまで、そのスマートな体型と穏やかなお人柄から秋本先生は少食で、きっとお昼はサンドイッチを半分だけ食べて夜に残り半分を食べているに違いないと思っていたのだが、とんだ誤解だったようだ。

先生はランチジャーいっぱいのおかずをぺろりと平らげる両さん並の鉄の胃袋だったのだ!

f:id:bonnieidol:20160120074710p:plain