乃木坂46の東京ドーム公演感想~「いつかできるから今日できる」の生駒里奈~

11月7日・8日に行われた乃木坂46の東京ドーム公演2daysのセットリストは、「現場」での強さを最優先に組んだ、ライブベスト盤から選曲したような鉄壁のラインナップだった。

 

制服のマネキン」「君の名は希望」「何度目の青空か?」といったアンセムには「待ってました!」という気分になり、ライブという空間にひときわ映える「世界で一番 孤独なLover」「他の星から」「ここにいる理由」「命は美しい」などの楽曲たちには改めて乃木坂46の作品としての強さを感じた。

粒ぞろいの楽曲とメンバーたちの磨かれたパフォーマンスに、「どの曲が最後の曲になってもいい」とさえ思えた。初の東京ドーム公演という祭りムードの配合も絶妙で、乃木坂46史上最も完成度の高いライブだったのではないだろうか。

 

一方で、パッケージとしての完成度の高さゆえのさびしさもよぎった。
上に挙げた楽曲のライブパフォーマンスのすばらしさはぼくにとってはすでに通った、見てきた道だったからだ。

「どの曲が最後の曲になってもいい」は、ライブが進むにつれ次第に「これならもう乃木坂46のライブはいいかな」に変わっていった。

 

映画監督・野村芳太郎スピルバーグ監督の『ジョーズ』を観た後、
「『ジョーズ』はたしかにすばらしい。だからこそこれ以降のスピルバーグ作品は見る必要がない。あんな作品は二度と作れないからです」
と、脚本家・橋本忍に言ったという。
引用元:橋本忍著『複眼の映像』

 

ぼくはまさしくそんな心境だった。確認作業なら後に発売されるであろうライブDVDで十分だから。

 

ローマの休日』の最後、王女に別れを告げ、コツコツと靴音を立てながら王宮の階段を降りていくグレゴリー・ペック
初日のライブ中、ひとりグレゴリー気分になっているぼくを引き戻してくれたのは、やっぱり生駒里奈だった。

 

「どの曲が最後の曲になってもいい」と思っていた本編最後の曲は、最新シングル曲「いつかできるから今日できる」だった。


曲の冒頭、歌唱パートを担うWセンターやフロントメンバーの肩越しに映る生駒ちゃんのパフォーマンスにぼくの目は釘付けになった。
「一人の」というより、彼女は「ひとつ」になって表現をしていた。
それは、「制服のマネキン」や「サヨナラの意味」のMVと同様、新しい生駒里奈の表現だった。

 

パッケージを突き破る新しい発見を見せてくれた生駒ちゃんはやはり希望だった。

 

2日間おつかれさまとありがとう。

これからもよろぴくぴく。

サウスパーク「You're Getting Old」

サウスパーク』のなかでいちばん好きなエピソードかもしれない。

 

〜あらすじ〜
10歳の誕生日を迎えたスタンは誕生日パーティでクラスメートから誕生日プレゼントをもらう。親友のカイルからは「トゥイーン・ウェーブ」といういま子供たちの間で流行っている音楽CDをもらうが、スタンの母親シャロンは「糞みたいな音楽だから」という理由で息子の誕生日プレゼントを取り上げてしまう。

 

若い頃ロックスターに憧れ、音楽に理解がある(と思っている)スタンの父親ランディはシャロンのやり方に反発する。
「自分も若かった頃、親に好きな音楽を否定されただろ? 君も若いヤツらの音楽が糞に聞こえるほど年をとったんだ」
ランディは自分はまだ年寄りの時代遅れじゃないと「トゥイーン・ウェーブ」のCD聞いてみるが、ヘッドホンから聞こえてきたのは紛れもなく糞の洪水だった。

 

シャロンたち親は結託して子供たちが「トゥイーン・ウェーブ」を聞くことを禁止する。カイルの父親ジェラルドは代わりに「これが本当の音楽だ」とザ・ポリスの曲を聞かせるが、子供たちには耳にゲリグソを流されているようにしか聞こえない。
スタンはシャロンの言いつけを破り、隠れて「トゥイーン・ウェーブ」をダウンロードして聞いてみる。ところが、スタンの耳に流れてきたのは先ほど聞かされたポリスと同様、ビチグソだった。
翌日、登校中にノリノリで「トゥイーン・ウェーブ」を聞いているカイル、カートマン、ケニーの3人。スタンはカイルにだけ打ち明ける。
「もらったCD、全然好きじゃないんだ。何かが起きて糞のようにしか聞こえないんだ」

 

(ちなみに、「トゥイーン・ウェーブ」の音源はYouTubeで聞くことができます)

www.youtube.com

 

スタンはカイルのアドバイスに従い、病院で医者に診てもらうことに。
「音楽だけではなく、前は好きだったポップコーンやロックケーキも今では糞のような味がする」
医者は検査として「トゥイーン・ウェーブ」とボブ・ディランの曲を聞かせるが、スタンの耳にはどちらも糞水を顔面シャワーされているようにしか思えなかった。
「年をとるにつれて好きだったものがクソみたいに感じるようになる。クソのように思えても子供にはクソには見えない。君は何らかのショートを起こしてすべてのものがクソに聞こえ、クソに見えてしまうんだ。治療法はない」

 

f:id:bonnieidol:20171003051604p:plain

 

f:id:bonnieidol:20171003051620p:plain

 

クソをまき散らしながら喋るクソ医者に「皮肉癖」と診断されたスタンは友達の前では気丈に振る舞うも、ゲームに誘われると、
「そんなのクソゲーだろ? たくさんいるキャラと話してボタン押すゲームなんて誰がやるんだ?」
みんなで行ったファミレスでパフェを頼むと、
「俺にはグラスに山盛りのクソにしか見えない」
それならモールに行こうか? という提案には
「クソみたいなものを売りつけるところだろ」
すべてをクソ扱いしたスタンは友達からも見放されてしまう。
そして、スタンの目にはとうとう親友までも喋るクソ人形に見えしまうのだった。

ラストでは、ひとり新しい価値観のなかで生きなければならないスタンの姿がFleetwood Mac「Landslide」をBGMに描かれる。

 

www.youtube.com

 

ぼくがスタンのことを「俺たちのスタン」と呼ぶのはこのエピソードによるところが大きい。
自営業という道を選んでからさらに世の中に「トゥイーン・ウェーブ」が溢れていることに気づいた。
インスタグラムはクソの墓場にしか見えない。
意図的に世の中を皮肉ってるわけでもないのに、どこにいても馴染めない。楽しい時間を過ごしていても、いや楽しいからこそ「帰りたい」と思ってしまう。
そしてひとり空回りしながら自らクソをまき散らしてしまう。

 

10歳の誕生日にクソの世界に足を踏み入れたスタン。

タイトルの「You're Getting Old」どおり、ぼくらは年をとる。そしてパラダイムシフトは経験の数だけそこかしこに潜んでいる。いつ大好物が次の大グソに見えてしまう日がやってきても不思議ではない。

ネタバレになるけど、最後にこのエピソードの後編「Ass Burgers」のスタンの言葉を紹介したい。


「変化とは俺たちみんなに新しいものをもたらす。前とは違うかもしれない。でもそれは少なくとも新しいものだ。初めて尽くしで俺は盛り上がっている」

―スタン・マーシュ

矢野顕子×忌野清志郎「ひとつだけ」

www.youtube.com

 

「ひとつだけ」

作詞・作曲:矢野顕子

 

欲しいものは たくさんあるの
きらめく星くずの指輪
寄せる波で 組み立てた椅子
世界中の花 集めつくる オーデコロン

けれども今 気がついたこと
とっても大切なこと
欲しいものは ただひとつだけ
君の心の 「黒い扉」 ひらく鍵

離れている時でも 僕のこと
忘れないでいてほしいよ ねぇ おねがい
悲しい気分の時も 僕のこと
すぐに 呼びだしてほしいよ ねぇ おねがい

楽しいことは ほかにもある
満月の下のパーティー
テニスコートを 駆けまわる
世界中のおいしもの 集めてつくる 中華料理

けれども今 気がついたこと
とっても大切なこと
一番楽しいことは 君の口から
君の夢 きくこと

離れている時でも 僕のこと
忘れないでいてほしいよ ねぇ おねがい
悲しい気分の時も 僕のこと
すぐに 呼びだしてほしいよ ねぇ おねがい

舞台『モマの火星探検記』(ややネタバレあり)

観劇後、生駒ちゃん推しの友人と語り合いながら重ねた生ビールとウーロン割で相当回った頭をなんとか運び、やっとのことで終電近くに家の最寄り駅に着いた。

ぼくの頭は、舞台『モマの火星探検記』を振り返ると同時に、小松左京の小説『日本沈没』に出てくるある台詞を思い出していた。

 

「あんた、この日本列島に恋をしていたのじゃな」

 

 

ぼくにとって、舞台『モマの火星探検記』は「宇宙に恋をした地球の物語」だった。

「地球」とは生駒ちゃん演じた14歳の少女「ユーリ」であり、矢崎広さんが演じた主人公「モマ」であり、モマの同僚である宇宙飛行士たち、ユーリとロケットをつくる友達たちであり、ぼくたち観客だ。


そして、表情豊かにしゃべり、天真爛漫に踊り、歌うユーリはまさしく地球というエネルギーの象徴だった。

「絶対にあきらめない!」

生駒ちゃんが、ユーリが、エネルギーを強く発している場面ほど涙がこぼれてきた。


“きこえますか このこえが”

ユーリのエネルギーはメッセージとなり、モマのいる火星からも、ユーリやぼくらのいる地球からも聞こえてきた。


そしてすっかりぼくは地球(ユーリ)に恋をしてしまった。


最高の感動をありがとう。

 

f:id:bonnieidol:20170813081840j:plain

f:id:bonnieidol:20170813081855j:plain

f:id:bonnieidol:20170813081923j:plain

 

RCサクセション「忙しすぎたから」

www.youtube.com

 

「忙しすぎたから」 

歌:RCサクセション 作詞:林小和生 作曲:肝沢幅一

 

楽しいゆうべに
僕の友達は
ゴキブリと一緒に
昼寝をするのさ
夏が攻めて来て
蒸し暑い毎日でも
夕方になれば
とても涼しい
昼間のうちに宿題を片付けて
眼鏡を外して
星をみるのさ
この頃は誰も
口をきいてくれないから
僕は寂しくて気が狂いそう

 

エピソード46 君の名は希望

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

 

 

f:id:bonnieidol:20170627000239j:plain

 

 

 

 

秋田県由利本庄市に生まれた少女は歩けるようになった2〜3歳の頃から踊ることが好きだった。小学3年には地元のダンススクールでジャズダンスを習い始める。
小学5年には学校のクラスでいじめにあい、ひとり放課後の図書館で『ハリーポッター』やダレン・シャンデモナータ』といったファンタジー小説の世界に逃げ込むように没頭する。
中学では初めてできた親友から『少年ジャンプ』をすすめられ、『銀魂』『NARUTO』『ONE PIECE』などのマンガにハマる。その頃から二次元ヲタの道をまっしぐら、ながらもスポットライトを浴びてダンスを踊る快感も代え難いものだった。
中学3年生の時の文集には「非日常を送りたい」と書いた。

 

地元の高校に進学すると、クラスに馴染めず「学校から逃げたい」と思うようになる。中学では吹奏楽部に入っていたが、高校に入ってからは毎日家でぼーっとした日々を送っていた。

 

 

f:id:bonnieidol:20170627003132p:plain

アカデミー(士官学校)への留学を希望するものの、叔父さんと叔母さんから反対され、ルークはひとり丘の上で落ちる二つの夕日を眺め、思う。

(オレの人生はずっとこのままなんだろうか…)

 

 

そんなある日、父から新たに結成されるアイドルグループのオーディションを受けてみることをすすめられる。昔から芸事にいい印象を持っていなかった父なのに、同じダンススクールの生徒が「赤毛のアン」のミュージカルのオーディションに合格した新聞記事を見せてまで娘にアイドルグループのオーディションをすすめてきた。
父のプッシュと「夏休み中だし、もし合格したら毎日ダンスができて面白そうだからいいかな」という軽い気持ちから書類審査に応募。

 

提出した写真は高校入学式の日に家の前で撮ったものだったにも関わらず書類審査を通過し、仙台での2次審査、東京での3次、4次審査にも合格。オーディション期間中なのに自分で切った前髪がギザギザであるにも関わらず、あれよあれよいう間に8月21日SME乃木坂ビルで行われた最終審査に進んだ。

 

最終審査の自己PRでは「加藤夏希さん、渡部秀さんに続く、地元出身の3番目の有名人になりたいです!」とアピールし、歌唱審査ではピコの「桜音」を歌った。


応募総数38934人のオーディションの最終結果は、合格。暫定選抜メンバー16名の中にも選ばれる。
そして、翌年2月22日発売の乃木坂46デビューシングル「ぐるぐるカーテン」。ミュージックビデオの真ん中に立っていたのは、「非日常を送りたい」「学校から逃げたい」と願っていた少女、生駒里奈だった。

 

www.youtube.com

 

サウスパーク

アメリカのTVアニメ『サウスパーク』にハマった。

きっかけは、NHKラジオ第1『すっぴん!』のレギュラーコーナー「高橋ヨシキのシネマストリップ」2017年1月6日放送分を聞いたから。

www.nicovideo.jp

 

 

これまでも「シネマストリップ」で高橋ヨシキさんがおススメされた映画にハマったことはあったけど(『ゾンビ』『ゼイリブ』など)、『サウスパーク』は自分にどんぴしゃだった。

 

その魅力は、番組パーソナリティーの高橋源一郎さんの言葉が端的に表していると思う。

「これを見ないで生きる人生はさびしいね」

 

 

サウスパーク』は、家族、友情、恋愛、性、政治、社会、経済、宗教、戦争、芸能、病気、障害、差別、LGBT、アルコール、ドラッグ、ポリコレ、アイドル、ディズニー、ポケモン腐女子、ヲタク、ユーチューバー、ドローン、SNS、etc...、世間を騒がせている、注目されているあらゆる事象をネタにする。

 

TVの生放送で「niggers」と発言してしまったランディに謝罪の印として「Kiss my ass」を要求するジェシー・ジャクソン牧師。

f:id:bonnieidol:20170530070453p:plain

 シーズン11第1話「With Apologies to Jesse Jackson」より

 

 

 

そして、その姿勢はとにかく自主規制しない、忖度しない。つーか、自主規制や忖度する世の中の空気までも、スラングとドタバタと下ネタとグロとバイオレンスをまぶしたギャグにして笑い飛ばす。

 

 

サウスパークは無敵だ。でも無敵だからハマったんじゃない。くだらないほどおもしろいからハマったんだ。

 

高橋源一郎さんの言うとおり、サウスパークを知って、人生が少しだけさびしくなくなった。

 

 

 

サウスパーク』公式サイト

http://southpark.cc.com/

 

サウスパーク英語版OP

www.youtube.com

 

サウスパーク』日本語版OP

www.youtube.com

 

2000年のアカデミー賞授賞式で、映画『サウスパーク/無修正映画版』の主題歌「ブレイム・カナダ」をコーラス隊を従え、歌い踊るロビン・ウイリアムズ

www.nicovideo.jp

 

 

 

吉祥寺のおもちゃ屋さんでゲットしたフィギュアセット。左から、スタン、カイル、エリック、ケニー、バターズ。

f:id:bonnieidol:20170530062611j:plain

 

ヤフオクでスタンがプリントされたTシャツもゲット。

f:id:bonnieidol:20170530061844j:plain

 

オリジナルのサウスパーク風キャラクターがつくれるサイト。

www.sp-studio.de

 

f:id:bonnieidol:20170530083649p:plain